かぶ*つぶ

ソプラノ鏑木綾のブログ

Summer school of Early Music 2013 〜出発まで〜

ある日、ふと思い立って「Rebecca Stewart summer school」と検索してみました。そうしたら、ちょうどこの講習会が出て来て、〆切が翌々日くらいに迫っていたのと、他にも色々な偶然が重なったので「これは行くしかない」と思い、すぐに申し込みました。

数日後、主催者から講習会費を振り込んで下さいとお知らせが来たので、数日中に初めての海外送金なるものをすべく行動した。そもそも海外送金ってどうやるんだ、ということでネットで情報集めて手数料が一番安い郵便局へ。送金先がチェコというのは珍しいらしく、送金先銀行名や住所などをチェコ語で使う色々な記号がついてるアルファベットで書いたら、普通のアルファベット表記でないとちゃんと送金出来ないかも知れないと言われてしまった。恐らく、この記号を取り除けば送金出来るかも知れないが、間違っていると大変なので、受取人に確認した方が良いと言われ、出直すことに。
チェコの先方に確認をしたら、英語表記はこれでいいのだと記号ついたままのもので返答された。と言われても日本から送金するには普通のアルファベット表記が必要なんだ〜どうしたらいいんだ〜、と悩んだ挙げ句、郵便局というお役所仕事な所を頼るからいけないんだ、多少手数料が高くても、メガバンクを頼った方がスムーズに行くんじゃないかと考え直し、某メガバンクへ。そうしたらなんとまぁスムーズに行ったことか。その場でチェコの銀行へ電話して諸々確認してくださり、お姉さんに各種書類を見せ、言われるがままに書類に記入をして、無事完了。手数料の高さはこの手厚いサービスの対価だったんですね、と感動しました。

こうして、無事送金が終わり、後は向こうからの連絡を待つのみ…と思いきや、なんと早々に講師のRebeccaから、私宛にメールが!なんと、私がプロフィールにとある先生方の名前を書いたのを見て、嬉しくてメールをくれたとのこと!彼女の文面からは愛情が溢れ出ていて、このメールで一気に会うのが楽しみになりました^_^

このメールの後、講習会の課題曲が添付で大量に送られて来て若干泡を吹いたことは内緒です…。講習会の直前まで資料や楽譜が送られて来たので、何か抜けがないか心配にもなりました。でも綺麗に修正されたオリジナルの楽譜が来るたびにワクワクが募っていきました。

今回、飛行機の料金が安くなる関係で講習会が始まる3日前にチェコ入りし、プラハとウィーンを1日ずつ観光するプランにしました。初めての1人海外、ツアーでもなしに無事にいくか不安ではありましたが、結果的にはとても良かったです。ここらでまた一区切りして、次はいよいよチェコへ旅立つ話からウィーンへの小旅行の話をしたいと思います。



かぶ♪